nogusochi
  Home
 

出会い系サイトの監視

日本の警察はどこまでネットを監視しているのかという現状をご紹介します。
現在、都内3ヶ所にマンションを借りプロバイダ契約して、警官と分からないような生活をしながら捜査しているようです。
そこでは、ITに詳しい特別採用の警察官(階級が1つ上から始まる)がおり、彼等は24時間交代制であらゆるWebサイトをチェックしています。
日本ではメールの隠れチェックまではしていないそうですが、薬物密売系、詐欺系、出会い系サイトは徹底的に巡回し場合によっては会員登録までして内情を調べ、IPアドレス等から出元を割り出して検挙するそうです。
ターゲットもIPアドレス等を次々と変えるので実績はそれほどでもないとの事ですが、それでもこの様な捜査での検挙率は上がっています。

不倫の悩み

不倫関係に不満や悩みを抱えていたら、「ホットワインをふたりで作らない?」と提案してみてはいかがでしょう。
赤ワインにはリラックス効果や性欲を刺激する働きもあるので、少し冷めてしまった愛を再び温める効果だって、きっと期待できるはず。
香り高いホットワインと、ロマンティックな雰囲気が心地よい陶酔感をもたらしてくれるはず。
日頃抱えている不安や悩みを打ち明けたあとは、素晴らしい不倫でこの上ない快感が味わえるかも!

イギリスとチャット

久しぶりにイギリスの家族とネットでアダルトチャットした。
あれから月日は経ったけど今だに繋がっていられる。
ガールズ達も大きくなってあんなに小さな可愛らしかったのに今ではレィディにまだボーイズには会ってないけどホントにみんなに会いたい第二の家族。
今は休み取れないから難しいけどいつか行けるように頑張る。
必ず会いに行く。待っててね。

セフレ

ボクの様な「不惑の40代」で有ればいわゆる「セックスレス」と云うのは頷けるのだが、対象者は「男性」しかも年齢は「16歳~19歳」で・・・である。読んで頂いている方に想像が付くだろうか・・・どの位の確率でその年代の男子がそう答えたのか・・。無論「恋愛」がしたくない、と思春期真っ盛りのアンケートに答えた世代の全てが云っている訳ではあるまい。そして、絶対に成就する事が無い様な恋愛、いや「片思い」そう例えば「AKB48」(笑)そのメンバーと実際に「セフレ」になれると思って応援している「ファン」はそうそう居ないだろう。恋愛はある意味「心理戦」である。43年生きてきてのことセフレ作りの教訓は・・・。どういう方法を使うか?とりあえずは押せ押せナアナアであった(笑)

40は熟女

何きっかけで始まったかは今となっては覚えてないけど、ちょうど所長がいない時に熟女の話が。よく聞いてると、40は熟女とか。 オイオイ待って熟女って50からじゃないのって言ったら、おばさんじゃんってバッサリ斬り捨てられしまいには30からSNSは出会えるって言われちょっと立ち直れそうにないです。 どうやら、ある業界では50代は完熟って言うらしい。 熟女・・・熟した女 完熟・・・熟された女 50代で熟されたら終わりじゃん。 かんじゅくって・・・余りに衝撃的すぎてショックを隠しきれなかったのは言うまでもありません。

人妻金庫番

昨日は、って今日の朝までですけど、さるAVメーカーの金庫番と食事会をしました。 ま、金庫番といってもいろいろありまして、1人は経理と総務、もう一人は事業計画や財務、約款(契約)関係を得意とする、どちらもスーパーウーマンコンビ。 しかも、メル友の歴史…(笑)。その会社の社長というのがお金に、いや金儲けに関しては、 まったく無頓着、いや関心がない御仁でして。ガス抜きの意味もあり、定期的的に会って話しあったりしている。ま、愚痴の聞き役みたいなものですよ。 もっとも、この手の話(ネタ?)ってのは、コンテンツ会社やクリエーター集団では当たり前みたいなところがあって、だからこそ、「金庫番」や「番頭」さんみたいな人たちが重要になってくる。やっぱし「女」ですね、この手のお金の管理は。男は基本的には…、浪費家ですし。

副業から学びました

秋から、副業をしておりました。と言っても今月で辞めます。その仕事と言うのは、「マッサージ師」マッサージ師と言うと「あんまマッサージ指圧師」という資格が必要になってくるので、厳密に言いますとリラクゼーションマッサージの自由業にあたる分野のマッサージです。BARの経営という仕事がありながらも始めたきっかけは経営を学びたかったからなんです。 元々うちのお客様であるおっちゃんが、不動産、マッサージ屋、加圧トレーニングスタジオ、BARを含む飲食と色々手広くやってはる方で、その方と話してた時に、マッサージ師としての女性と会うには始めることになりました。それだけ手広く事業をなさってる方の考え方・経営理論・お金の使い方や回し方、そういうものを学びたかったから、その人の下で働いてみたかったという理由でした。
 
  Today, there have been 1 visitors (1 hits) on this page!  
 
=> Do you also want a homepage for free? Then click here! <=